具体例があれば宿泊時が想像できる

宿泊する時、古いか新しいかを気にされる方がいると思います。 ビジネス使用や家族での宿泊の際に、実際に泊まったことのある方の意見や感想を知ることで、漠然としたイメージから明確化されることもあるようです。 ここでは、利用者の率直な感想をもとに、築年数に対する捉え方を考えてみましょう。

大体の雰囲気を掴む

一言にホテルと言っても、高度経済成長期からバブル期にかけて建設された、比較的古い大手ビジネスホテルや、単身者向けに建設された築浅のコンパクトサイズのシティーホテルなど、多種多様化しています。

その中でもシチュエーション別で、大自然に囲まれた海や山に面したホテルなど、バカンスを楽しむためのニーズにこたえるべく建設されたホテルも存在し、ゴージャスな写真などがたくさん目に飛び込んできて、どのホテルにしようかと迷っているだけでも楽しみになります。

ですが、実際に宿泊してみないとわからない実状があることを忘れてはいけません。

宿泊施設に出向いたら、実際の外観が写真と違ったり、部屋の中に入ったらカビ臭かったり、ひどいときには虫の死骸があって清潔感がない様子が伺えたりすることもあります。
「これって自分だけ経験していることなのかな?」と思っても、何も調べないで出向いてしまえば、その実状を受け入れるしかなくなってしまいます。
ですので、「しまった、調べておけばよかった。」などと後悔しないためにも、ネットの口コミを利用するという手段が効果的かもしれません。

自分が出向くホテルの作りや設備、またはスタッフやオーナーのサービスやホテルの周辺環境など、どのようなものなのかを知るためにも、第三者からの体験談を活用する意味で、口コミが大切になってくるといえます。

口コミから伝わってくるホテルの実情を知るためにも、入念に下調べをして、楽しい宿泊を経験したいものです。

日常生活から考えよう

毎日の生活で欠かさず行うこととして、飲食や入浴、就寝などが挙げられます。 そんな時、どのような設備であるなら快適に過ごせるのでしょうか? 人によって様々ですが、自宅で考えられる身近なところから、ホテルでも考えられる部屋の設備についてここでは考えてみました。

自分が満足できる接客を探ろう

マイナスな口コミが多いと、せっかく旅行しようと思っても嫌気がさしてくるかと思います。 ですが、中には高評価をもらえてるホテルも数多くあります。 年季があって設備がさほど整っていなかったとしても、スタッフのサービス精神でリフレッシュできる時もあるでしょう。 以下、実際の体験談をもとにまとめてみました。

Topへ
戻る▲