宿泊体験者の生の声

この記事をシェアする

自分が満足できる接客を探ろう

おもてなし

口コミに5つ星が連続してついているホテルを見かけることがあります。

「海から帰ってきたら、部屋の中に温かいドリンク類と、甘いお菓子や果物が並べられていた」とか、「ホテルの女将さんが愛想のいい方で、接しているだけで日本の原風景を思い出す」などといった、日本ならではのサービス精神を感じ取ることがあります。

また、お見送りやお出迎えなども、客の姿が見えなくなるまで手を振っていたりお辞儀をしていたりと、外国ではまずありえないサービスの良さが光るのが日本のおもてなしですよね。

良い評価のホテルは、経営者やスタッフがしっかりとしたマナーが身についていて、プロ意識をもって行動していることが口コミでも伺えます。
ですので、なぜ高評価が付くのかも、口コミを見れば大体の見当がつきます。

ホテルの近隣情報の提供

ホテル周辺の飲食店の案内や、遊びに行けるところが気軽にスタッフに聞けたりする事には魅力を感じますよね。

例えば、「現地でしか味わえないふきのとうを採りに行くよう、オーナーさんに誘われてでかけていき、ホテルの名前を出したら10%引きをしてくれた。お陰で新鮮なふきのとうを安く持ち帰ることができた。」などといった口コミを見ただけで、山菜が好きな方はそのホテルに泊まりたくなります。

また、アミューズメントパークや駅の場所がわからないと質問したら、車で行く場合と徒歩でいく場合と説明してくれたり、レンタカーやバイクの案内をしてくれて、パンフレットまでもらい、丁寧に教えてくれるホテルであれば、口コミの評価が高くなる理由付けにもなります。

そういった情報で、ホテルの窓口やスタッフの様子が伝わってきて、実際に自分が行動するときに受けるサービスの見当をつけることも可能でしょう。


Topへ
戻る▲